伊都総合庁舎 庁舎改修設計・監理14

解体工事が完了するとすぐに、間仕切壁の軽量鉄骨下地の組み立てに進みます。

 

 

空調・換気ダクト・電気配線が終わったところから、天井下地も施工していきます。

 

 

トイレ内も、湿式仕様から乾式仕様に改修していきます。
床に大きく穴が開いている部分は、元々和風便器が設置されていた場所です。
今回洋風便器に変更する為、大きな穴を閉塞する必要があります。

 

 

今後鉄筋を溶接、コンクリートを打設し、防水改修を行います。

RELATED POSTS

Recent Posts

Categories

Archives