東長町の家 住宅設計・監理15

10月より外装工事を順次進めており、昨日ようやく足場が取れました。
写真で進捗状況をお楽しみください。

10月4日、外壁の下地用の合板が貼られ外観形状があらわになりました。
台風の前で養生シートがまとめられていたのでバッチリ撮影出来ました。

 

 

10月16日には外壁下地の合板の上に透湿・防水・遮熱シートが貼られました。
遮熱機能が入ったシートは初めてですが、どれだけの効果がでるのか実験です。

 

 

10月27日、カーテンウォールにガラスが入り、外壁には最終仕上材のスパンドレルの施工が始まっています。

 

 

10月29日、外装材のスパンドレルの施工も終盤です。

 

 

11月6日、 ようやく足場が取れて、全体がみえました。
足場のあるときはもう少しごちゃごちゃした外観を想像してましたが、予想以上のスッキリ感です。

 

 

一方、内部は10月16日に地下1階・1階の鉄筋コンクリート面に発砲系の断熱材が施工されました。
かなりきれいに施工してくれています、職人さんの腕に感謝です。

 

 

10月23日、内装壁部分にLGSで下地が作られ、木製建具用の枠も設置完了。

 

 

10月30日、浴室は防水工事が完了し、ラス下地の上モルタルが施工されました。

 

 

同じ日に、地下1階・1階はGL工法にてボード貼り、2・3階のボード貼りの施工が始まっています。

 

 

その後、ボードのジョイント部・ビス穴の跡をパテにて穴埋めしていきます。

 

 

11月6日、パテにて穴埋め処理が完了した後、クロス貼りを行っていきます。

 

 

現在、クロス貼りの真っ最中!3階から吹き抜けをパシャリと一枚!!!

 

 

あとひと月ほどで完成です!!!!!

RELATED POSTS

Recent Posts

Categories

Archives