東長町の家 住宅設計・監理12

7月25日、1階壁・2階床のコンクリートの打設が完了しました。
この時期、打設したコンクリートは暑さですぐに乾いてしまい、ひび割れの原因となる為、こまめに散水しなければなりません。
しかし、この暑さで散水してもすぐに下の写真のように乾いてしまいます。

 

 

コンクリート打設後、約2週間散水を続け、コンクリートの設計基準強度を確認後、内外壁型枠を脱型しました。
大きな欠損やコールドジョイントもなく、納得のいく素晴らしいコンクリートの仕上がりとなりました。

 

 

内部型枠解体後の状況です。

 

 

8月7日、2・3階部分の鉄骨検査に行ってきました。

 

 

細部までこだわりデザインした鉄骨階段もいい感じに出来上がっていました。

 

 

8月12日には、先行して地階~1階の鉄骨階段の建込みを終えました。
今までコンクリートしかなかった空間に鉄骨が入り、家らしい雰囲気が出てきました。

 

 

お盆明けから本格的に2・3階部分の鉄骨の建込みとなります、今からとても楽しみです!!!

RELATED POSTS

Recent Posts

Categories

Archives