東長町の家 住宅設計・監理06

地鎮祭も終わり、昨日から土留めの工事に取り掛かっています。
南・西側共に地盤に高低差があり住宅が隣接している為、隣地からの土が崩れるのを防ぐ為に鋼板を打ち込みます。

お借りしているお隣さんの敷地もフルに活用し、工事しています。

 

広角のレンズで全景を撮ってみました。

 

 

具体的な工事方法としては、下の写真のように10mもある鋼矢板を専用の機械で順番に打ち継いでいきます。

 

 

カイコような機械で順番に打ち継ぎ、連壁をつくっていきます。

 

 

当初はすんなり貫入する予定でしたが、地盤が予想以上に固く、思ったように矢板が入っていきません。
全部で18枚!なかなか進まず…。
お隣さんとも近接していることもあり、騒音や振動に気を遣いながら慎重に進めます。

何事もなく早く終わってくれることを祈るばかりです。

RELATED POSTS

Recent Posts

Categories

Archives